ただただ好きというだけで ネタバレ 感想【片思いを顔バレさせる強面ヤンキーがいとしすぎる】

こんにちは、優花です。

 

今日は、ときたほのじ先生の

ただただ好きというだけで』の紹介です。

 

 

Renta!でもお取り扱い♪

↓↓↓詳しくは画像をタップ!↓↓↓

↑↑↑詳しくは画像をタップ!↑↑↑

 

強面なのに

こう見えて

ひんひん鳴きます

って紹介されてる彼…なに…?

と興味をもたれた方、

ぜひ試し読みしてみてください。

 

 

強面受けにたまらない内容です♡

ハンディコミックだと

無料で試し読みができますよ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハンディコミックへゆく

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(ただただ好き で探してください)

 

あらすじ

十時は、目つきが怖いせいで

ケンカを売られやすく、

誰からも距離を置かれています

 

 

十時自身、

人付き合いは

元から好きじゃないから

それでいいと思っていました。

 

 

そんな十時も好きな人には

顔が赤くなったりする可愛い人です。

 

 

ある時、クラスメイトで

学園の王子様で、

しかも十時の好きな人でもある吉澤に

「お前俺のこと好きだろ」

と言われてしまいます。

 

 

十時は、

口では否定するものの

顔で吉澤にバレてしまいます。

 

 

吉澤は、

十時を好きになれそうという理由で

告白します。

 

 

十時は、思わず頷いてしまいます。

 

 

十時の片思いながら、

吉澤との交際がスタートしますが…?

 

感想

見た目は、

十時が攻め

吉澤が受けなんだろうなと

思っていましたが、

実際は、その反対なところがおもしろいです。

 

 

十時の中身がうぶで乙女で

エッチな事が苦手で

態度がかわいいです。

 

 

吉澤と一緒にいることによって、

少しずづ世界が広がって

人との付き合いもできるようになっていきます。

 

 

十時目線で描かれているのに、

吉澤目線で読んでしまいます。

 

 

吉澤のように自分と一緒にいることによって、

いい方向に変わってくれるのは嬉しいです。

 

 

しかし、自分自身をわかっていない十時ゆえに、

心配になったり、

独占欲や嫉妬の嵐になってしまうのは、

好きになったからこそ仕方ないです。

ホントに、ただただ好きというだけだからです。

 

 

ちなみにみどころは、

十時が吉澤の家に訪れた時です。

十時の妹が友達と話している

電話の内容に触発されたのも、

関係を進めようとして

エッチのやり方がわからなかったのも、

エッチの最中に「好き」と言ったり、

名前を呼んだり、

抱きついたりと

かわいい言動にキュンとなります。

 

 

これをきっかけに

吉澤の態度も急変…!?

 

気になった方は是非ハンディコミックへ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハンディコミックへゆく

↑↑↑↑↑↑↑↑↑

(ただただ好き で探してください)