でぃす×こみ ネタバレ【作中BLも心憎いしかけもさすが御大!】

こんにちは、蒼海です。

今日は、ゆうきまさみ先生の

でぃす×こみ』の紹介です。

 

パトレイバーやあ~るなど、

数々の作品を生み出した大御所が…

まさかのBLネタ!?

いやー、びっくりしました。

 

 

というわけで、

この作品はBLそのものではないのと

主人公は女の子ですのでご注意!

 

 

でもですね、BL好きには

たまらない仕掛けがあったり( *´艸`)

ぜひ読んでみていただきたいです!

 

 

以下、ネタバレです!

 

ハンディコミックだと無料試し読みができるので、

気になった方はまず試し読みをおすすめします♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハンディコミックへゆく

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
(「でぃす×こみ」 もしくは「でぃすこみ ゆうき」で見つかります)

 

紹介

青年誌に掲載されているこの漫画には、

なんとBL漫画が作中作として登場します!

 

 

毎回サワリだけなのですが、

よくできているので、

まるっと読みたくてたまりません。

 

 

BLを知らない人も、

BL好きの人も、

それぞれの愉しみ方ができることでしょう。

 

 

主人公は渡瀬かおる。

「少年マンガ家」をめざす、

女子高校生です。

 

 

もう何度も新人賞に

応募しているのですが、

毎度かすりもせず。

 

 

ところがある日、応募先の出版社から

電話がかかってきて、

大賞受賞を知らされるのですが…。

あたしが描いたマンガじゃない!

 

 

表彰式の会場で、

受賞作の冊子を開いたかおるは、

愕然、呆然。

 

 

そもそも、かおるが狙っているのは少年誌。

少女マンガなんか描くはずがない。

 

 

しかも本名で?

「わたせウネリ」というPNがあるのに?

 

 

どうしてこんなことが起こったかというと。

受賞作は、かおるの兄・弦太郎(大学生)が

描いたものだったのです。

そして彼は、かおるの実名をPNに使ったのでした。

 

 

でも、授賞式も済んでしまった今、

「私が描いたんじゃない」とは言えません。

 

 

かおるは、「少女マンガ家」として

デビューすることになります。

 

 

しかも受賞作(兄の作品)が

BL風味だったため、

その路線で描くことを求められて…。

 

 

かおるは腐女子ではないので、

BLのことはよくわかりません。

また、これまで受賞歴がないくらいですから、

実力も不足しています。

 

 

そんなかおるが、

天才だった兄や編集者のアドバイスを受け、

友人たちの協力のもと、

一人前のBL漫画家

(本人は不本意でしょうが)

成長していくお話です。

 

 

その成長ぶりと、

作中作が絶妙にリンクして、

笑えるけれど、すがすがしい達成感もある。

 

 

実に、奇想天外な漫画です。
 

そして、この漫画にはもうひとつ、面白い仕掛けがあります。

毎回、冒頭の数ページはカラーなのです。

 

 

作中作の絵柄を、

ふだんの作者のタッチと変えて見せるため、

別の漫画家さんたちに

色を塗ってもらうという奇抜なアイデア。

 

 

アニメっぽい塗りや

水彩画ふうなど、

変化を楽しめます。

 

 

誰が塗ったのかを当てるという、

ファン心をくすぐるイベント発生中!

 

 

気になった方は是非ハンディコミックへ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハンディコミックへゆく

↑↑↑↑↑↑↑↑↑

(「でぃす×こみ」 もしくは「でぃすこみ ゆうき」で見つかります)